太陽光発電概要

環境に優しく、経済的な太陽光発電。

石油を中心とした化石燃料の大量消費で成り立っている、私たちの豊かな暮らし。しかしその豊かさと引き換えに、地球環境には深刻な打撃を与えています。太陽のクリーンで無尽蔵なエネルギーを電気に変える太陽光発電システム?。
個人レベルからの地球環境への配慮は、地球と子供たちの未来を考えたこれからの暮らし方といえましょう。


これ以上の化石燃料の大量消費はCO2を増やし、地球環境に深刻な打撃を与えます。

二酸化炭素(CO2)の増加は地球温暖化を引き起こし、海面上昇にともなう世界0m地帯の大都市の水没危惧やオゾン層の破壊による紫外線の悪影響、酸性雨、熱帯雨林の破壊…と、地球環境の保全問題は今、皆が真剣に取り組まなければならない問題として重要視されています。

二酸化炭素(CO2)の排出量を年間約530kgも削減する太陽光発電システムに、大きな期待が寄せられています。

3.12kWタイプの住宅用太陽光発電システムを搭載した場合のCO2削減効果は年間約530kg。
これは約270坪の森林がCO2を吸収する量に相当します。(1996年林野庁業務資料より)


クリーンで無尽蔵の太陽光エネルギー。
これからの循環型社会に欠かすことのできないエネルギーといえます。

太陽光発電システムの導入により、限りある地球の資源保全に大きく貢献できます。

たとえば、3.12kWの太陽光発電システムを導入した場合、年間3.233kWの電力を発電します。
その分を火力発電所での発電を代替することによって、灯油缶にして約44個分の石油(約786リットル)の消費を節約することができます。(大阪地区での年間予測発電電力量、石油の節約量は「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の試算より)


その高い経済性も大変魅力的な太陽光発電。留守中でも晴れた日中は、どんどん売買。

発電して余った電気を電力会社に売り、不足分は買う。合理的で、家計にも優しいシステムです。

煮中に発電して余った電力は売ることができ、夜間や雨天など発電量が少ない時は今までのように電気を買います。この売買により、年間を通せば電気代のほとんどをまかなうことができ、その高い経済性が家計の大きな節約につながります。(ご家庭の消費電力によっては、まかなえない場合もございます。)


様々な形状の屋根にも美しく設置が可能。
第一公害プラントの太陽光発電システムは県内各地で活躍しています。


K様邸/出力 4.31kW

G様邸/出力 8.32kW

K様邸/出力 4.94kW

地球環境に優しく、暮らしに優しく、そしてより快適な暮らしを実現する太陽光発電システム。
第一公害プラント株式会社では、お客様宅に最適なシステムのご提案を行っております。
何なりとお気軽にお申し付けくださいませ。



このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.