余った電気を売る

暮らしに優しい、太陽光発電システム。

もう、太陽熱でお湯を沸かすだけの時代は終わりました。
これからは、太陽のクリーンで無尽蔵なエネルギーをご自宅で電気に変えてトータルに活用し、暮らしに役立てる時代になりました。
太陽光発電システムは「自家発電」として電気の自給ができ、さらに余った電気は電力会社に売ることができるなど、その高い経済性も大きな魅力となっています。


発電して余った電気を電力会社に売り不足分は買う。合理的で家計にも優しいシステムです。

日中に発電して余った電力は売ることができ、夜間や雨天など発電量が少ない時は今までのように電気を買います。
この売買により、年間を通せば電気代のほとんどをまかなうことができ、その高い経済性が家計の大きな節約につながります。
(ご家庭の消費電力によっては、まかなえない場合もございます。)


電気をより経済的に使う??。『時間帯電灯契約』なら、さらにお得です。

昼間の時間帯は太陽光発電でまかなえる上、余った電力は割高な料金で売ることができ、夜間は割安な電力を利用できます。
夜間の割安な電力で1日分のお湯をつくる電気温水器を設置すれば、さらに経済的効果が高くなります。
(電力会社によって、各時間及び料金が異なります。




このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.