Abic担体流動法

Abic担体流動法とは

Abic担体流動法は、「微生物固定化担体」を用いた排水処理システムです。
食品製造等の有機排水について、運転管理の容易な担体流動法を用いながら高負荷に対応。
バルキングのない安定した処理水を確保しつつ、設置スペースのコンパクト化も実現しました。

原理と特徴

多種多様な微生物の付着した担体が流動することにより、排水・酸素・微生物の大きな接触効率、および高い酸素供給率が得られ、高負荷処理が可能です。

担体1Lあたりの微生物付着量は30~50g/L、活性汚泥法のMLSS換算6,000~10,000mg/L(担体投入量20%時)の高濃度で排水処理が可能で、省スペース化が実現しました。

また、汚泥を返送する必要がなく、増殖した汚泥は凝集沈殿または加圧浮上処理で容易に除去することができます。

  • 汚泥管理が容易で、維持管理も簡単です。
  • コンパクトで、設置面積が小さくなります。
  • 既設処理槽の改造もスムーズに実施可能です。
  • 下水道除害施設にも最適な処理方法です。

担体に付着した微生物の状況 (スポンジ担体の例)


Abic担体流動法の導入例


G社様 食品製造排水処理施設
(下水道除害施設)
●排水量 550m3/日
●BOD 1,000→300mg/L
●n-Hex 100→30mg/L

H社様 工場厨房排水処理施設
(下水道除害施設)
●排水量 220m3/日
●BOD 1,500→600mg/L
●n-Hex 220→30mg/L

N社様 食品製造排水処理施設
(下水道除害施設)
●排水量 400m3/日
●BOD 2,000→600mg/L
●n-Hex 250→25mg/L
●T-P 20→8mg/L

N市様 学校給食共同調理場排水処理施設
(下水道除害施設)
●排水量 240m3/日
●BOD 800→600mg/L
●n-Hex 150→30mg/L


このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.