Abic回転円板法

画期的な立体格子による、驚異的な菌体密度を実現!

Abic回転円板法は、「立体格子状接触体に固着させた微生物膜」を利用した排水処理システムです。安定した効果の高い排水処理と省スペース、省エネかつイニシャルコストを低く押さえることを可能にした排水処理設備です。


立体格子状接触体表面上菌体

原理と特徴

Abic回転円板は、立体格子状接触体に固着させた微生物膜を利用して、排水の浄化を行います。
接触体は、約40%を汚水中に浸漬させた状態で、ゆっくり回転します。空気中からは酸素を吸着し、汚水中からは汚濁成分を吸着して、好気的に分解します。

  • 多種多様な付着微生物で効率的で安定した処理ができます。
  • 汚泥管理が容易で、維持管理も簡単です。
  • コンパクトで、設置面積が小さくなります。
  • 下水道除外施設にも最適な処理方法です。

適用排水

産業排水のさまざまな分野でご利用、ご好評いただいております。


導入例


F食品工場排水(下水道除外施設)
●排水量 300m3/日
●BOD 2,000→200mg/L

立体格子状接触体表面上菌体


このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.