膜分離活性汚泥法

膜分離活性汚泥法には、排水処理問題への解決策があります

  • 工場の増産で排水処理を増設したい
  • 活性汚泥の沈降不良が大きな悩みだ
  • 排水処理の処理水質を安定させたい

膜分離活性汚泥法(MBR)は、さまざまな排水に対して、それぞれの問題解決のお手伝いをしています。 納入させていただいた15,000m2以上(膜面積)の膜カートリッジは、今日も全国で活躍しています。


処理施設フローシート(チッ素除去型)

膜分離活性汚泥法の特徴

省スペース

従来法よりも3~5倍の高濃度な活性汚泥での運転が可能なため、生物処理槽の容積が小さくなり、さらに沈殿槽も不要なため、排水処理設備全体がコンパクトになります。

高品質な処理水

汚れの成分(SSや大腸菌など)を確実に固液分離し、きれいな水のみが膜の微細孔を通過します。処理水質のレベルが高く、しかも安定しているため、中水等の再利用もご検討いただけます。

容易なメンテナンス

活性汚泥を膜分離しますから、従来法のように沈澱槽の沈降不良、流出などのトラブルから開放されます。シンプルなシステムですから、運転操作、管理も容易です。

既存施設への適用もスムーズ

流入負荷の増大に際しても、既設水槽に膜分離ユニットを設置することで、処理能力の大幅なアップや、処理水質の高度化が可能になります。

仮設利用も可能な「Abic移動式膜ユニット」もご用意させていただきました。


膜ユニット・カートリッジの構造

膜ユニットの構造

膜ユニットは、ろ板の両側に膜シートを貼った膜カートリッジ、その内側から処理水を抜き出すチューブと集合管、多枚数の膜カートリッジを収納する膜ケースおよび下部の散気管と散気ケースで構成されています。

膜カートリッジの構造

膜カートリッジの両面に貼られている膜シートは、塩化ポリエチレンを原料とした公称孔径0.4μm(平均孔径0.2μm)の微多孔性膜です。処理水はノズルから吸引されます。

導入事例


U社様 醸造排水処理施設
●排水量 200m3/日
●BOD 2,000→10mg/L

N社様 食品製造排水処理施設
●排水量 1,000m3/日
●BOD 1,200→10mg/L
●膜分離施設を増設し、既設沈殿槽も併用処理

K社様 食品製造排水処理施設
●排水量 360m3/日
●BOD 1,300→10mg/L
●既設排水処理槽内へ設置

弊社 移動式膜ユニット
●処理水量 50m3/日
●処理BOD 12kg-BOD/日


このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.