廃棄物最終処分場浸出水処理施設

廃棄物の最終処分場での浸出水処理は、第一公害プラントの先端技術が活かされています。環境への配慮が隅々にまで行き渡った施設となっています。

一般廃棄物最終処分場

施設名 飯田市イタチガ沢最終処分場
汚水処理方式 回転円板法+凝集沈殿法+砂ろ過法
処理能力 日平均汚水量100m3/日

処理棟配置図

全体配置図

処理棟内部の様子

1. 原水受入施設
埋立地内の浸出汚水を集水し、高能力ポンプで処理施設へ圧送して、汚水に混入した爽雑物や土砂が取り除かれます。
2. 調整槽及び
原水軽量設備

流入原水の量や水質を均一化するクッションタンクの設備と、原水を定量計量して送水する機能を備えています。
3. 最初沈殿池及び
回転円盤設備

原水の固形物を沈殿させ、栄養バカンスを調整したのち円板に付着する微生物の働きにより、BODなどの有機物を除去します。
4. 凝集沈殿設備
生物処理された水に含まれるSS分を凝集剤によりフロック化させ、十分な滞留時間により沈殿分離されて上澄水を越流させます。
5. 砂ろ過設備
凝集沈殿では除去されにくい微細なSS分を砂ろ過器で除去し、清澄な水にします。
6. 減菌設備
きれいになった水は塩素剤によって減菌され、安全無害な処理水として河川に放流されます。
7. 汚泥処理設備
凝生物及び凝集沈殿汚泥は濃縮貯留し、定期的にバキューム車で搬出します。


産業廃棄物最終処分場

施設名 F社様最終処分場
処理方式 凝集沈殿+膜分離活性汚泥法+砂ろ過・活性炭吸着
処理能力 日平均汚水量 80m3/日

処理棟配置図

内部の様子

浸出水処理フローシート


+クリックすると大きいサイズでご覧頂けます。



このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.