大型合併処理浄化槽

Abic浄化槽

CA型長時間ばっ気方式

汚水をばっ気槽にて、返送汚泥を種として加え、長時間ばっ気を行います。この間に汚水中の各種好気性微生物は急速に増殖し、酸化・吸着・フロック形式などの、物理的・生物化学的反応が進みます。次いで、沈殿槽にて静置すると処理水と沈殿物(活性汚泥)に分離します。以上の原理を基に汚水が浄化されます。

CF型接触ばっ気方式

ばっ気槽に接触材を充填して濾床を形成します。ばっ気撹拌によって充分な溶存酸素を供給した汚水をくり返し接触させることにより水中の微生物は接触材の表面に付着し、生物膜として固定されます。流入汚水はその付着固定した生物膜と、くり返し接触することによって浄化されます。

オキデーションディッチ方式

活性汚泥方式の長時間エアレーション法の一種で、循環水路にエアレーター(機械曝気装置)を設置して、下水を循環させながらエアレーションを行い浄化する方式です。



このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は第一公害株式会社に帰属します。© 2006- DAIICHI POLLUTION CONTROL EQUIPMENT CO.,LTD.